楽しく為になる情報をお届けします!

小学校の卒業式での母親・父親の服装!知っておきたいマナー!

小学校 卒業式 服装

小学校の卒業式での母親・父親の服装!知っておきたいマナー!時が経つのはあっという間で、ランドセル姿が重そうにしていた子も、 小学校を卒業する時期が迫って来たというご家庭も多いことでしょう。

 

ぜひ卒業式には参加して、我が子の晴れ姿を目に焼き付けておきたいですね。

 

ところで、参加する母親や父親はどんな服装で行くべきか、迷っていませんか?

フォーマルな式典ですし、何といっても子どもが主役ですから、おしゃれも控えめにしておきたいですね。

 

そこで、今回は小学校の卒業式での母親・父親の服装についてご紹介します。

Sponsored Link

 

小学校の卒業式での母親の服装は?

小学校の卒業式は我が子の 成長の区切りの儀式です。

母親としても服装はきちんと決めたいですよね。

 

洋装の場合、正式には準正装です。

卒業式はお別れの儀式でもありますので、 グレー、ネイビー、ブラウンなどのダーク系のひざ丈のスーツが基本となります。

 

ブラックの場合は、少し光沢のある生地のものにし、ブラウスを少し派手目にすると喪服っぽくなりません。

 

ワンピースでも構いませんがあまり派手でないものにしましょう。

ワンピースの場合はジャケットを着用します。

 

ストッキングは黒や柄物は避け、肌に近い色にし、寒い時期ではありますが、タイツはやめておきましょう。

 

卒業式の式典の間はコートを脱ぐのが正式なルールです。

 

 
靴は5cm程度までのヒールの 黒のパンプスが適していますが、校庭や式場となる体育館などの床の保護の為に学校から注意事項がある場合が考えられますので注意してください。

 

式場では上履きを指定されることもありますので、スーツの色に合わせた携帯用のスリッパを用意しておくとよいでしょう。

 

バッグはスーツの色や雰囲気に合った黒でフォーマルなものが適しています。

 

卒業の記念品などが、帰りの荷物として増える可能性があります。

あまり派手でないサブバックを入れておくといいでしょう。

 

スーツの色は抑え目にしても、やはり卒業式は晴れの日でもあります。

パールのネックレスやピアス、イヤリング、コサージュなどの アクセサリーで華やかさを演出しましょう。

 

スーツがかっちりした形の場合はコサージュは同系色でまとめられたあまり大きくないものを、ネックレスは短いタイプのものがバランスよく見えるのではないでしょうか。

 

最近では和装の人はあまり見かけないようで、目立ってしまうことが多いため、避けた方が無難かもしれませんね。
 
中学校の入学式での母親・父親の服装は?NGに注意!
 

 

小学校の卒業式での父親の服装は?

参観日や学級懇談会などには学校に足が向かなかった父親も、 卒業式には休暇を取ってでも列席しようと思うこともあると思います。

 

どんな服装で行けばいいのでしょうか。

やはり式服でしょうか、終わったら仕事に行くので普段会社へ行くようなスーツで構わないのでしょうか。

 

もちろん儀式の日ですから、式服が正式ですが、実際にはあまり着用している人は見かけない、というのが現状です。

 

落ち着いた色目の派手でないスーツ、ネクタイがいいでしょう。

ネクタイは黒でないものにしますが、 白い式典用のものにする必要はありません。

 

ワイシャツも柄物は避けますが、薄い色のついているものは構いません。

 

若いパパさんであれば、「主役は子ども達」を念頭に、多少おしゃれに決めても大丈夫でしょう。

学校によっては何か約束事があったりする場合はそれに従って下さい。

 

特にPTAの役員なのでお役目がある場合は、かなりかっちりした服装が要求されるかもしれません。

 

いわゆる「ママ友」同志でさりげなく「何を着ていく?」などと話題にしていれば、「1人で浮いてしまった」ということを防げるのではないでしょうか。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ