楽しく為になる情報をお届けします!

ニットでチクチクする・しない素材!お気に入りの解消法は?

ニット チクチク

ニットでチクチクする・しない素材!お気に入りの解消法は?冬はニットが暖かくていいですが、ものによっては チクチクすることがありますよね。

とくに、タートルネックのセーターなどはチクチクすると着られないので、タンスにしまい込んでいるなんてことはありませんか?

 

「デザイン的にはお気に入りなのに…」と悩んでいる方も、何か解消法があるといいですよね!

また、 素材によっても違いがありそうです。

 

そこで、今回はニットでチクチクする素材や、あまりしない素材、どうしても着たい時の解消法などもご紹介しますね!

Sponsored Link

 

ニットでチクチクする素材は?

化学繊維の方がチクチクするようなイメージがあるかもしれませんが、実はその逆で、 ウールの方が気になりやすいはずです。

 

インナーを着ていても、毛が素材をすり抜けて素肌に当たってしまうことも多いようです。

ウールの方が化学繊維よりも質はいいですが、生まれつきアトピーの気が少しあるという人は、痒くなりやすいので要注意ですね!

 

30ミクロン以上の太い繊維が 全体の5%以上あると、チクチクすることが多いようです。

もちろん、ウールの中でも品種によっては気にならないものもあり、メリノ種などの高級なものは、繊維が細いので大丈夫なことが多いです。

 

カシミヤの場合、ウールよりも柔らかく、さらに繊維が細いのでなりにくいです。

それでも気になって仕方ないという人は、後半でご紹介する 解消法をお試しください。
 
ニット帽の洗濯!伸びたり縮んだりしたものの復活は?干し方も重要!
 

 

ニットでチクチクしない素材は?

ポリエステルやレーヨン、ナイロンなど、 化学繊維でできたものはチクチクしにくいです。

 

合成繊維(ナイロン、アクリル、ポリエステルなど)
半合成繊維(プロミックス、アセテートなど)
再生繊維(キュプラ、レーヨンなど)

など、全般的にいえることです。

 

ただし、温かさでいうとウールニット、カシミヤニットなどには劣ってしまいます。

 

また、 アルパカ モヘアは人によっては大丈夫という人も多いため、気になる人はまず試着してみてもよいかもしれません。
 
セーターの縮まない洗い方!ウール・カシミヤ・化学繊維では?
 

 

ニットでチクチクするのを解消するには?

一番簡単な方法は、 肌に触れないようにすることです。

襟元や袖までカバーできるインナーを着るといいですよ。

 

タートルネックのセーターの下には、タートルネックのインナーを着ましょう。

素材は シルク 綿がおすすめです。

 

また、「つけタートル」といって、首元をカバーできるものも売っていますので、これを使ってみるのもいいですね。

 

ところで、買ったばかりのニットの方がかゆくなりやすいと思いませんか?

繊維が固いと素肌に当たった時にチクチクしてしまうのです。

 

ですから、着る前に一度 柔軟剤を入れて洗濯するのも解消法の1つです。

ただし、ニットは洗濯が難しいですから、縮んだりしないように洗濯表示を守って洗ってくださいね。

 

他には、静電気防止スプレーをして摩擦を軽減させたり、体にボディクリームを塗ったりすることでも防止することができます。

 

お気に入りのニットなのに、肌の不快感があって着れなかったという人は、ぜひお試しください。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ