楽しく為になる情報をお届けします!

甥・姪の出産祝い・金額の相場と人気のプレゼント!のしの書き方!

甥 姪 出産祝い 金額 相場

甥・姪の出産祝い・金額の相場と人気のプレゼント!のしの書き方! 赤ちゃんが生まれるというのは、嬉しいことですね。

それは、自分の子だけでなく、兄弟姉妹に新しい家族が増えた時も同様です。

 

そんな気持ちは、 「出産祝い」という形で表現することが多いでしょう。

ですが、どれくらいの金額を渡せばいいか、初めての場合などは困ってしまいますね。

 

そこで、今回は甥や姪が誕生した際の出産祝いの金額の相場をご紹介します。

Sponsored Link

 

甥・姪の出産祝いの金額の相場は?

甥や姪が生まれるということは、自分の 兄弟や姉妹に赤ちゃんが誕生したことになりますね。

その際の出産祝いの金額の相場は10,000円~30,000円くらいになります。

 

年齢の離れた兄弟で、自分がまだ学生であるケースなどもあるので、金額にはかなり開きが見られ、一概に断言することはできない面もあります。

 

また、兄弟間で事前に話し合い、出産祝いの金額はいくらと決めているケースもあるようです。

金額だけでなく、 内祝いの贈り合いはしないなど、それぞれの家庭で習慣を決めていることも多いようですね。

 

自分がまだ結婚もしていないような年齢では、甥や姪というのは異常なほどかわいい存在になることが多いため、ちょくちょくプレゼントをする機会も増えてきます。

あまり、出産祝いの金額だけにこだわる必要もないでしょう。

 

 

甥・姪の出産祝い・人気のプレゼントは?

お金ではなく、 出産後に必要なものをプレゼントして出産祝いとすることも多いようです。

出産や育児の支度にはお金がかかりますから、プレゼントをもらうのも嬉しいですね。

 

人気の商品としては、抱っこひも、ベビーカー、チャイルドシートなどの比較的高額で、かつ、育児に必ず必要になるものです。

 

ただし、自分がまだ社会人ではない場合なども考えると、高額なものは用意できませんので、気持ちが伝わる程度の品でも問題はないでしょう。

これから先、いろんなものをプレゼントする期間は十分にありますので…。

 

兄弟間でプレゼントを贈る場合には、事前に何が欲しいかリサーチすることも多いようです。

 

洋服や赤ちゃんのおもちゃなどは、友人などからプレゼントされることも多いので、兄弟姉妹間では別の必需品などがよいでしょう。

 

オムツなども、かなり消費が早いので実は喜ばれる品です。

出産祝いとしてたくさん現金は用意できなかったけれど、生まれた子のママが助かる必需品などは喜ばれるはずですね。

 

 

甥・姪の出産祝い・のし袋やのし紙の書き方は?

甥や姪が生まれた出産祝いですので、お金であれば 祝儀袋にいれ、プレゼントであれば のし紙をかけて贈るようにするのがマナーです。

 

祝儀袋は、紅白の蝶結びの水引を選び、表書きは「出産祝」「御祝」「祝御出産」などとします。

その下には、贈り主=自分の名前を書きましょう。

 

婦連名の場合は、中央に夫の名をその横に妻の名を書きます。

中袋がついている場合には、袋の表中央には金額を、裏には自分の名前を書きます。

 

プレゼントののし紙の場合も、紅白の蝶結びの水引のものに 「出産祝い」と自分の名前を添えます。

出産祝いの場合には、それ専用のかわいいラッピングを施してくれることもありますので、のし紙は省略しても構いません。

 

自分の子どもと同様に、甥っ子や姪っ子の存在もとてもかわいいものです。

そういう気持ちを表現するためにも、出産祝いのマナーはきちんと押さえておきたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ