楽しく為になる情報をお届けします!

大豆イソフラボンの女性への効果!更年期障害にも!副作用は?

大豆イソフラボン 女性 効果

大豆イソフラボンの女性への効果!更年期障害にも!副作用は? 大豆イソフラボンとは、大豆やもやしなどの豆類に多く含まれているポリフェノールの一種です。

 

女性にとって嬉しい効果が沢山あるといわれており、DHCなどの会社がサプリメントとして販売しているのをよく見かけますね。

 

イソフラボンには分子の大きい 「グリコシド型」と、分子が小さい 「アグリコン型」がありますが、体内への吸収がよいのは「アグリコン型イソフラボン」です。

 

今回は、そんな大豆イソフラボンの女性への効果や、過剰摂取による副作用などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

大豆イソフラボンの女性への効果とは?

大豆イソフラボンが女性に良いとされる理由は、その構造が女性ホルモンの エストロゲンと似ているため、エストロゲン受容体と結合し、同じような働きをするからです。

 

もともと「美のホルモン」と呼ばれるものに酷似しているため、体内で充分な量になることにより以下の効果が期待できます。

 

【美容】
新陳代謝を促進するとともに、コラーゲンなどの生成も促進します。

それにより、肌の調子が良くなってニキビなどの発生を抑制したり、髪の毛にもハリやコシが出たりします。

 

【血流改善】
血小板の凝集を抑制するため、血液サラサラ効果が得られます。

 

【発毛】
体内で女性ホルモンが減り、男性ホルモンの量より少なくなってしまうと髪の毛の量が減ってしまいます。

大豆イソフラボンによって女性ホルモンの量を増やしてやることにより、薄毛を解消して発毛効果が期待できます。

 

【バストアップ】
女性ホルモンの減少を防ぎ、胸などをはじめ女性らしいふくよかな体型を維持します。

 

【生理不順改善】
女性ホルモンの状態を整えることによって月経を正常な状態に保つことができます。

 

【骨粗鬆症予防】
骨の代謝に大きく関わっているのがエストロゲンです。

大豆イソフラボンにより正常化に導き、併せてカルシウムも摂取するようにすれば予防にも優れています。

 
ポリフェノールが豊富な食べ物!抗酸化作用に期待!
 

 

大豆イソフラボンは女性の更年期障害にも有効!

更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが加齢などにより 急激に減少してしまうことにあります。

 

最近では、若い人でもホルモンバランスが崩れて、更年期障害のような症状が出る人もいます。

 

人によって現れる症状は様々ですが、本人にとってはかなり辛いものですし、イライラして機嫌が悪くなれば周りの人もたまったものではありません。

 

そこで、減少してしまったエストロゲンを補おうということで、 大豆イソフラボンの摂取が注目されているのです。

 

もちろん、大豆イソフラボンを摂取するだけで、たちどころに更年期障害が解消するわけではありませんが、様々な不調の緩和が期待できます。

 

まだ若いのに症状が現れてしまっている人は、生活習慣の乱れを見直すなども必要になってきます。
 
大豆イソフラボンの男性への効果!薄毛や体毛に影響!
 

 

大豆イソフラボンの過剰摂取による副作用は?

大豆イソフラボンに限った話ではありませんが、いくら身体によい効果があるものでも 過剰摂取することにはリスクがあります。

 

豆腐などの大豆製品を心して食べるようにしたくらいでは、過剰摂取になる心配はあまりありません。

ただし、手軽だからとサプリメントや特定保健用食品などで大量に摂取してしまうと、副作用が出る可能性があります。

 

例えば、以下のような不調が現れることも…。

・月経の周期が長くなる
・月経の期間が長くなる
・月経の量が多くなる
・乳がんになる確率が上がるかもしれない

 

大豆イソフラボンを過剰に摂取するということは、女性ホルモンが必要以上に増えてしまうことに繋がりますので、何らかの副作用が現れるのも考慮しなければなりません。

これはこれで辛いものがありますから、できる限り豆乳などの飲料や食品から摂るようにしましょう。

 

この他にも、大豆イソフラボンには女性に限らず男性にとっても深刻な問題である 「ガン予防」「メタボリックシンドローム予防」などの効果があります。

 

なるべく大豆製品を食べるようにしたいものですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ