楽しく為になる情報をお届けします!

アネモネの花名の由来と花言葉!色別や英語では?風を表す花!

アネモネ 花言葉

アネモネの花名の由来と花言葉!色別や英語では?風を表す花! アネモネという花をご存じですか?

ピンとこないと思う方も多いでしょうが、花屋さんなどには必ずある定番の花です。

白、ピンク、赤、青、紫、オレンジ
とカラフルなバリエーションで、プレゼントにも良く選ばれます。

ただ、恋人などにプレゼントする時は、ちょっと花言葉に気を付けてみて下さいね。

 

そこで、今回はアネモネの花名の由来と花言葉についてご紹介します。

Sponsored Link

 

アネモネの花名の由来は?

花名のアネモネは、ギリシャ語で 「風」を意味する 「Anemos」に由来します。

春一番などが吹き始める時期に花を咲かせることから来ています。

 

英語では、「Windflower」 と呼ばれたりします。

 

和名は・・・

・牡丹一華(ボタンイチゲ)
・花一華(ハナイチゲ)
・紅花翁草(ベニバナオキナクサ)

などと呼ばれています。

 

 

アネモネの花言葉は?色別や英語では?

アネモネの 花言葉は・・・

「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」
「見放された」「薄れゆく希望」「真実」
「君を愛す」「嫉妬のための無限の犠牲」

といったものがあります。

 

ちょっとネガティブなイメージのものもありますね。

 

ギリシャ神話の中に、「風の神ゼフュロスが妖精アネモネに恋をし、結果的に一輪の花に変えてしまった」という話があり、その話が元になってこれらの花言葉が生まれたそうです。

 

また、 色別には・・・

白・・・「真実」「期待」「希望」
ピンク・・・「待望」
赤・・・「君を愛す」
青・・・「信じて待つ」
紫・・・「あなたを信じて待つ」

などがあります。

 

特に、赤いアネモネはプレゼントにも人気ですが、これなら恋人に贈っても問題なさそうですね。

 

ちなみに、西洋(英語)の花言葉は・・・

「anticipation(期待)」
「forsaken(見捨てられる/見放される)」

となっています。

 

 

アネモネの特徴

アネモネは地中海沿岸が原産の 球根植物です。

多年草ですので、毎年花を咲かせてくれます。

 

開花は2~5月頃と早春の時期で、春の風を感じる時期に開花するので、風を意味する言葉から花名がつきました。

 

アネモネとは、 アネモネ属の花の総称であり、日本には10種ほどが生息していますが、世界中には数百もの品種が存在しているそうです。

 

一重咲きのタイプ八重咲きのタイプがあり、色もたくさんありますので、冬~春のガーデニングには欠かせない存在となっています。

 

花言葉はネガティブなものもありますが、花屋でもよく見かけ、プレゼントや結婚式の装飾、ブーケなどにもよく使われる人気の花です。

 

プレゼントにする時には、色ごとの花言葉などにも気を配ってみて下さいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ