楽しく為になる情報をお届けします!

髪の毛のパサつきの原因!ヘアケア・縮毛矯正・ストレートパーマで!

髪の毛 パサつき

髪の毛のパサつきの原因!ヘアケア・縮毛矯正・ストレートパーマで!毎日髪の毛を整えていて、 パサつきが気になることはありませんか?

特にカラーパーマをした後はパサつきますよね。

 

また、冬の時期も乾燥しやすいので、気になるのではないでしょうか。

髪の毛がしっかりまとまっていないと、なんとなく綺麗に見えませんので、何とか攻略したいところですね。

 

そこで、今回は髪の毛のパサつきの原因とヘアケア方法についてご説明します。

Sponsored Link

 

髪の毛のパサつきの原因は?

髪の毛のパサつきの原因は大きく分けて2つあります。

それは 外からの刺激と、体の中の 栄養分の不足です。

 

外からの刺激とはドライヤーの熱や紫外線などです。

また、シャンプーやトリートメントの選び方でも違ってきます。

 

それだけでなく、体の中の栄養分も髪の毛に関係しています。

食事と髪の毛なんてあまり関係がないように思うかもしれませんが、髪の毛はほとんどタンパク質でできており、同じ体のことですので影響も強く現れます。

 

たとえば、ダイエットなどをして食事制限をしていると、栄養不足で髪の毛や 毛母細胞などに十分な栄養が届かなくなってしまいます。

そうすると髪の毛が傷んでパサつきの原因になります。

 

つまり、改善するには外側と内側両方からのケアが必要ということですね!
 
枝毛の治し方!一度カットすべき?食生活・ストレス・ヘアケアは?
 

 

髪の毛のパサつきの改善・有効なヘアケアは?

髪の毛のパサつきを改善したい場合は、まず ドライヤーでの乾かし方を見直しましょう。

熱いドライヤーの熱で乾かすのは、髪の毛を火であぶっているようなものなので、パサつきの原因になるのはいうまでもありません。

 

かといって、乾かさないまま寝てしまうのも絶対にNGです!

 

ではどうしたらいいのかというと、しっかりタオルドライをすることです。

髪の毛をタオルでくるみ、ポンポンと叩くようにして水分を取りましょう。

 

これをくり返すと結構乾きますので、その後 ドライヤーの低温で乾かしても良いでしょう。

いきなりドライヤーの高温を使うと、必要な水分まで取り除いてしまう可能性があるので気を付けましょう。

 

ドライヤーは根本から順番にあてていきましょう。

根本を乾かしていくうちに毛先は自然と乾きます。

 

また、なるべく上からあてるようにしましょう。

頭より高い位置からあてるのがいいですよ。

 

また、ヘアケアでや悩んでいる場合、シャンプーをアミノ酸のものに替えたり、質のよいトリートメントにしたりするのもパサつきの改善には効果的です。
 
自宅でストレートパーマをかける方法!流れとコツ、薬剤は?
 

 

くせ毛が強い人はストレートパーマや縮毛矯正でも?

パサつきに加え、うねりもあるという人は、 ストレートパーマ 縮毛矯正を行うのも1つの手です。

毎日ヘアアイロンを使うよりは髪の毛も傷まずに済みますからね。

縮毛矯正というとくせ毛の人が行うイメージがあるかもしれませんが、くせ毛でなくてもうねりやパサつきを防止するのにいいのです。

薬剤(液)を買ってくれば、自宅でも行うことができますしね!

 

また、ストレートパーマや縮毛矯正をした後は髪の毛が乾燥しますので、しっかり トリートメントを行いましょう!

 

一般的に、パーマやカラーリングは髪の毛にダメージを与えるといわれていますので、どうしても髪の毛がまとまらない時に試してみると良いですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ