楽しく為になる情報をお届けします!

赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装!部屋・外出・夜寝る時!

赤ちゃん 春 服装

赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装!部屋・外出・夜寝る時!寒さも緩み、徐々に暖かくなってくると、赤ちゃんとのお出かけも楽しみたいなと思うようになりますね。

 

ただ、季節の変わり目といわれる時期は、寒暖の差もまだまだありますので、 赤ちゃんの服装には注意してあげましょう。

 

特に、春(3月・4月・5月)は気温が一定しないことが多く、部屋で過ごす時や外出する時、夜寝る時などの衣服には気を遣ってあげたいですね。

 

そこで、今回は赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装のポイントをご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装・部屋で過ごす時は?

部屋で過ごす時には、室内の 温度調節も含めて服装を決めていきましょう。

3月くらいだと、まだ寒い時は暖房を使っていることがありますね。

 

また、5月だと場合によっては 冷房を使用するケースもあるかもしれません。

この時期は、肌着+カバーオールなどの格好で過ごせると思います。

 

真冬には厚手のカバーオールなどを着せていたかと思いますが、気候が暖かくなってきたら、少し薄手のものに変えていきましょう。

 

代謝が活発で、体温が高い赤ちゃんの目安は、大人より やや薄着ということになります。

 

また、部屋で過ごす時には、靴下よりも裸足で過ごすことがおすすめです。

赤ちゃんは手足で体温調節をしますし、ハイハイなど動く時期になれば、足の裏の神経はとても大切になるからです。

 

足が氷のように冷たい時をのぞいては、靴下は不要でしょう。

 

 

赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装・外出する時は?

外出時には、室内で過ごしていた格好に加えて、必要な時は アウターを1枚プラスしましょう。

特に、春は風が強いことが多いため、風除けになるものがあると便利です。

 

ベビーカーであれば、肌かけやタオルのようなもので調整してもいいですし、抱っこの時は、抱っこひもの上からかけられるものや、 おくるみがあるといいですね。

 

特に風が冷たい、気温が低い時には靴下帽子もあると便利です。

 

また、4月下旬~5月くらいになると 紫外線が気になるので、防寒よりも日除け対策として帽子を持っていると安心です。

 

 

赤ちゃんの春(3月・4月・5月)の服装・夜寝る時は?

寝る時も、室内で過ごす時と同様に 肌着+カバーオールなどでいいでしょう。

寒さが気になるときにはベビー用布団をかけたり、スリーパーを重ね着させましょう。

 

5月くらいであれば、バスタオルや薄手の毛布をかけて寝かせれば十分です。

 

夜の冷えが気になる時には、特に胴やお腹を冷やさないように、 腹巻などを使用するのもいいですね。

 

赤ちゃんは夜寝つく時に体温がぐっと上がるため、着せ過ぎると汗をたくさんかいて汗疹や風邪の原因になります。

着るものよりも、布団などで調整していくのがいいでしょう。

 

赤ちゃんは、まだ寒い暑いも伝えることはできません。

様子を観察しながら、こまめに着替えさせたり、衣類をプラスして体温調節することが大切です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ