楽しく為になる情報をお届けします!

からすみの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?

からすみ 栄養

からすみの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?日本の三大珍味の1つでもある 「からすみ」

おつまみやパスタなどで食べると美味しいですよね!

 

からすみはボラの卵巣を塩漬けにして乾燥させたもので、かなり高級なイメージもあります。

 

保存食として昔から食べられきたため、 塩の量のが多くて体に悪いと思っている人もいるかもしれませんが、意外と栄養価が高い食材です。

 

そこで、今回はからずみの栄養と効果・効能・カロリーについてご説明します。

Sponsored Link

 

からすみの主な栄養成分とカロリーは?

栄養成分として豊富に含まれているのは たんぱく質 脂質です。

脂質というと体に良くないイメージがあるかもしれませんが、からすみに含まれる脂質は、体に良いといわれているものが多いです。

 

オメガ6脂肪酸のγ-リノレン酸、アラキドン酸や、オメガ3脂肪酸のDHA、EPAも含まれています。

どちらも含有量はトップクラスを誇っています。

 

その他、ビタミンC、D、B12や、亜鉛、鉄、カルシウムも含まれています。

 

こんなに栄養価が高いというのは少し意外かもしれませんが、魚卵ですから栄養はギュッと詰まっているのです。

 

気になるカロリーは100g当たり 423kcalです。

高カロリーですが、健康に繋がる脂質を豊富に含むため、許容範囲といえるでしょう。

 

 

からすみの効果・効能は?

たんぱく質や脂質、ビタミンB12が豊富なので、 疲労回復 滋養強壮に効果があります。

 

また、γ-リノレン酸、アラキドン酸には悪玉コレステロールを低下させる作用、DHA、EPAには、動脈硬化や認知症への効能も認められています。

 

ビタミンB12には悪性貧血を予防する働き、亜鉛には 味覚を正常に保ったり、皮膚を守ったりする効果があります。

 

タウリンも含まれていて、悪酔い防止にも繋がり、からすみをおつまみにするのは理にかなっているんです。

 

ただし、アラキドン酸は摂りすぎると動脈硬化や高血圧になる危険性があります。

また、塩分も多いので、栄養価が高いからといって食べ過ぎるとよくありません。

 

栄養価は高いですが、毎日の健康習慣にするというものでもなさそうですね。

 

 

からすみの栄養・妊婦さんとの相性は?

妊娠中は食べるものに気を遣わなくてはいけませんが、 からすみは大丈夫なのでしょうか。

魚卵自体、あまりよくないイメージがあるかもしれません。

 

魚卵を食べると赤ちゃんがアトピーになるともいわれているんです。

厳密には、魚卵自体が原因になるのではなく、 塩分が子供に悪影響を与えるということのようで、妊婦さんは食べすぎには注意しなくてはいけません。

 

とはいえ、からすみ自体に妊婦さんに悪影響を与える成分が入っている訳ではありませんので
少し食べる分には問題はありません。

 

普段からあまり大量に食べるものではないと思いますが、妊娠中はさらに控えめにしておけば
より安心ですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ