楽しく為になる情報をお届けします!

厄年の厄払いの時期!男性も女性も節分まで?前厄・後厄は?

厄年 厄払い 時期

厄年の厄払いの時期!男性も女性も節分まで?前厄・後厄は?お正月に初詣に行くと、その年の 厄年にあたる人の年齢が一覧になっていますよね。

自分が本厄、あるいは前厄や後厄だった場合、「厄払いに行かなきゃ!」と思うでしょう。

 

ですが、本来厄払いはいつまでに行く必要があるのでしょうか?

よく 「節分までには」といわれることもありますが、それ以降に行っても意味が薄れてしまうものなのでしょうか?

 

そこで、今回は厄年の厄払いの時期についてご紹介します。

Sponsored Link

 

厄年の厄払いの時期・男性も女性も節分まで?

多くの神社では、厄払いというのは 通年で受け付けがあります。

もちろん、厄年ではない人も厄払いを受けることができます。

 

神社にお願いする場合も、「いつまでに行かなければならない」という時期に決まりはありません。

男性でも女性でもそれは同じです。

 

厄年に対する考え方もいくつかあり、元旦~大晦日までの1年間と考える場合と、立春~翌年の節分までの1年間と捉える場合もあります。

 

これは新暦や旧暦が影響していますが、神社によっても捉え方は違うようです。

こういった考え方から、正月~節分あたりまでに厄払いを済ませようと考える人が多いようです。

 

全国の有名な神社などでは、節分の日に有名人などを招いて大々的に 豆まきを行うことも多く、鬼や魔物を寄せ付けず、厄を払うという意味を兼ねているようです。

 

もちろん節分を過ぎたからといって、厄払いに意味がないということはありません。

思い立った時に行くということでも決して遅くはありません。

 

 

厄年の厄払いの時期・前厄や後厄は?

一言に厄年といっても、 前厄・本厄・後厄と3年ありますが、この3年間毎年厄払いに行くべきかと悩んでいる人も多いですね。

 

これも、考え方は人それぞれです。

毎年行けば安心だと思う人もいるでしょうし、本厄でも行かないというのも選択肢の一つかもしれません。

 

祈祷料というのは、5000円~10000円くらいかかりますので、出費が大変だと思うこともありますね。

 

神社等に問い合わせると、3年間毎年厄払いできればそれがベストではありますが、本厄の1年だけでも良いとされています。

実際に、前厄や後厄に行う人はかなり少ないようです。
 
女性の厄年の年齢とやってはいけないこと!前厄・後厄は?
 

 

六曜の大安がよい?仏滅はNG?

厄払いを受ける際に、必ずしも 六曜を気にしなければならないというルールはありません。

神社でも、六曜に関わらずいつでもお願いすることは可能です。

 

もちろん、大安は何をするにもいい日といわれているので、都合が付けば大安を選ぶに越したことはありません。

反対に、仏滅は何をするにも凶とされる日ですので、避けられるのならば避けた方がいいでしょう。

 

しかし、六曜(六輝)自体には科学的根拠がないとされ、さらに会社や学校の休みの都合などもあるでしょう。

「六曜にとらわれ過ぎてタイミングを逃した」ということにならないようにしたいですね。

 

厄払いの時期に決まりはないとはいえ、やはり1年の後半ではちょっと損した感じも否めませんので、早めに済ませておいたほうが良いかもしれませんね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ