楽しく為になる情報をお届けします!

赤ちゃんのオムツかぶれの原因・下痢も?多い場所・主な市販薬!

赤ちゃん オムツかぶれ

赤ちゃんのオムツかぶれの原因・下痢も?多い場所・主な市販薬!赤ちゃんの肌はスベスベしていて綺麗ですが、実はとても デリケートです。

外出でちょっとオムツ替えの間隔が開いてしまったり、汗をたくさんかいたりした後などは、オムツかぶれも心配ですね。

 

一度起こしてしまうと、常にオムツを付けている赤ちゃんはなかなか治らなくて辛いこともあります。

とにかく早めに原因を探り、 市販薬などで対処してあげたいですね。

 

そこで、今回は赤ちゃんのオムツかぶれの原因や対策をご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんのオムツかぶれ・主な原因は?下痢も?

赤ちゃんのオムツかぶれは、なりやすい子となりにくい子の個人差もかなりありますが、主な原因は 排泄物の刺激が大きく関与しています。

 

オムツを付けている限りは、どうしてもおしっこやうんちが肌に触れた状態になってしまいます。

 

これを長時間放置してしまうと、排泄物の刺激によって皮膚が荒れてしまうのですが、それを拭き取る際にも刺激が加わってしまいます。

特に、体調不良で 軟便 下痢が続いている時は刺激が強くなってしまい、オムツかぶれになりやすいです。

 

他にも夏場に汗をたくさんかくと、オムツの中が蒸れてしまって起こりやすくなっていることも挙げられます。

基本は、こまめなオムツ替えで清潔と乾燥した状態を保つことで予防や対策をしていきます。

 

 

赤ちゃんのオムツかぶれ・多い場所は?

オムツかぶれの症状が出るのは、頻繁にオムツが当たっている部分です。

それ以外の場所にも湿疹などが出ている時は、 別の原因が考えられます。

 

かぶれも性器の内側まで及ぶようなことはなく、お尻やオムツが当たる足の付け根などの表面がほとんどです。

肉付きのいい赤ちゃんの場合は、皮膚と皮膚の間(しわの部分)に汚れが溜まって湿疹になることもあります。

 

赤ちゃんのオムツかぶれ・主な市販薬は?

まだ症状が軽度であれば、市販の ワセリンなどの保護クリームを塗って様子を見てもいいでしょう。

有効成分が入っているタイプの市販薬は、素人判断では使用しないようにして下さい。

 

アトピー性皮膚炎などを患っている可能性もありますので、オムツかぶれが長引く時は、小児科や皮膚科を受診し、早めに治療を行いましょう。

 

 

赤ちゃんのオムツかぶれ・予防法は?

オムツかぶれの予防法は、とにかく 清潔 乾燥を保つことです。

 

常にオムツを付けているとどうしても蒸れてしまうので、お風呂上りやオムツ替えのタイミングですぐにオムツをせず、お尻を風に当てて乾かしてあげることも大切です。

 

病気で下痢をしてしまっている時などは、都度おしり拭きを使用するよりも、 お湯で流したほうが刺激を与えずに済みます。

無闇におしり拭きでこすることが刺激となり、オムツかぶれになることもあります。

 

また、サイズの合わないオムツをしていると、締め付けた部分がかぶれやすくくなることもあるようです。

成長に応じて、サイズの合ったオムツを着用するようにしていきましょう。

 

大切な赤ちゃんの肌を傷つけないように、日頃から優しくケアしてあげましょうね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ