楽しく為になる情報をお届けします!

エゴマ油の効果・効能!認知症やうつ病にも!1日の許容摂取量は?

エゴマ油 効果 効能

エゴマ油の効果・効能!認知症やうつ病にも!1日の許容摂取量は?近頃は、健康志向の高まりもあり、体によいとされる油が注目されていますね。

エゴマ油もそのひとつではないでしょうか。

 

モデルさんや女優さんも摂取しているとメディアで紹介されたことで、気になっている人も多いですよね。

でも実際、エゴマ油にはどんな成分が含まれ、どんな効果効能をもたらしてくれるのでしょうか?

 

そこで、今回はエゴマ油の成分や効果・効能、1日の許容摂取量についてご紹介します!

Sponsored Link

 

エゴマ油に含まれる成分は?

そもそも、 「エゴマ油って何?ごま油と違うの?」と思われる方も多いですよね。

名前は似ていますが、両者は全く異なります。

 

エゴマ油とは、シソ科の植物で大葉などの仲間に当たるエゴマの葉から抽出した油です。

注目されるようになったのは、 「α‐リノレン酸」という成分が含まれているためです。

 

他にもα‐リノレン酸が多く含まれる油がありますが、その含有量は断トツで、ダイエットにも有効とされているのです。

 

エゴマ油には、他にも「ロズマリン酸」というポリフェノールの一種が含まれています。

では、それぞれの効能などを見ていきましょう。

 

 

エゴマ油の効果効能は?認知症やうつ病にも?

エゴマ油は、モデルさんなどが食生活に取り入れているので、 美容 ダイエットによいというイメージが強いですね。

 

α‐リノレン酸には、体脂肪を燃焼させる効果があるといわれています。

また、ロズマリン酸には、中性脂肪の増加を防ぐという効能もあります。

 

したがって、ダイエットにエゴマ油が効くとよくいわれているのです。

 

他にも、α‐リノレン酸には 血流を良くする作用、血栓予防、抗アレルギー作用、高血圧や糖尿病の予防、ガンの予防、美肌にも効果があるそうです。

 

また、特に注目されているのは、認知症うつ病予防にも効能があるとするものです。

 

α‐リノレン酸は、摂取すると体内で DHA EPAに変化します。

これは、青魚に良く含まれている成分ですが、学習能力をアップさせる働きがあるといわれています。

よく「魚を食べると頭が良くなる」と聞きますね。

 

エゴマ油を小さじ1杯摂取すると、DHA、EPAの1日の必要摂取量がカバーできるそうです。

このDHAやEPAの持つ力が認知症やうつ病に効果があるという研究結果が出ているそうで、αリノレン酸の含有量が多いエゴマ油が注目されるようになっているのです。
 
米油の効果効能!肌の美白や健康維持に!副作用は?
 

 

エゴマ油のカロリーと1日の許容摂取量は?

エゴマ油は大さじ1杯で 150Kcalほどです。

体に吸収されにくいとはいえ、油なのでカロリーが高いことには変わりありません。

 

許容摂取量は、1日あたりスプーン1杯です。

摂取量が多いことによる副作用などはないですが、やはり カロリーの摂り過ぎが気になります。

 

また、なるべく加熱はせず、サラダにかけたり、汁物に加えるといった使い方をしましょう。

加熱によってα‐リノレン酸が過酸化脂質に変わってしまい、効能を失ってしまいます。

 

酸化しやすい油なので、購入して開栓したあとは保存に注意し、早めに使い切りましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ