楽しく為になる情報をお届けします!

鳥肌胃炎の原因!胃ガンになりやすい?治療法と治る見込みは?

鳥肌胃炎 原因 治る

鳥肌胃炎の原因!胃ガンになりやすい?治療法と治る見込みは?胃の調子が悪くなる原因は様々ありますが、 「鳥肌胃炎」という病気の可能性もあります。

あまり聞いたことのない病名だと思いますが、どんな病気なのか予想できますか?

 

実は、胃ガンになりやすい胃炎ともいわれており、罹ると厄介な印象があります。

また、有効な治療法があるのか、実際に治ることがあるのかも気になるところです。

 

そこで、今回は鳥肌胃炎の原因や胃ガンとの関係、治療法についてご紹介します。

Sponsored Link

 

鳥肌胃炎の原因とは?ピロリ菌?

鳥肌胃炎とは、その名の通り、胃が鳥肌のように ブツブツした状態になる胃炎のことです。

 

特に、10代から20代の若い女性に多いといわれています。

また、最近では男性や幼児でも発症するケースが出てきています。

 

原因は、ズバリ 「ピロリ菌」です。

ピロリ菌が胃内にいると、それを退治しようとしてリンパ球がたくさん胃の粘膜に集まります。

 

そして、鳥肌のような状態を作るのです。

つまり、このリンパ球が自分の胃の粘膜を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまっている状態なのです。

 

自覚症状は通常の胃炎と同じです。

腹部の痛みや胃もたれ、胃のむかつき、げっぷなどがありますが、鳥肌胃炎特有の症状というのは特にありません。

 

ですから、単なる胃炎だと思って放っておくと重症化してしまうというケースもあります。

原因がよくわからないのに胃腸の調子が悪いようであれば、一度病院で診てもらったほうが良いでしょう。

 

 

鳥肌胃炎の人は胃ガンになりやすい?

鳥肌胃炎は、若い人ほど 重症化しやすいといわれています。

また、胃酸を分泌する能力が低下することにより、胃ガン発症にも大きく影響を及ぼすようで、鳥肌胃炎と早期の胃ガンを併発しているケースもあるようです。

 

特に怖いのは、 スキルス胃ガンの発症率が高いことです。

スキルス胃ガンは未分化型といって、悪性度が高いのに自覚症状がない厄介なものです。

 

胃壁に浸潤するスピードが著しく速いため、早期発見さえも難しくなっています。

当然、発見された時には手遅れになっていたり、わかっていても進行を食い止めることも難しいといわれています。

 

鳥肌胃炎の人が必ず罹るというものではありませんが、早めに胃炎のほうを治しておいたほうが良さそうです。

 

 

鳥肌胃炎は治る?治療法は?

鳥肌胃炎は、治療すれば 治る病気です。

 

まず大切なことはピロリ菌の除去です。

以前は保険適応ではなかったのですが、現在は保険が効くので治療がしやすくなりました。

 

一度目の除菌で菌が残っていた場合は、2度目の除菌をします。

2度除菌するとほとんどピロリ菌はいなくなります。

 

ただし、生活習慣などによって再発することもあるので、1年に1回程度 経過観察を行います。

 

除菌の他に生活習慣の見直しも大切です。

 

食事は脂っこいものや熱すぎるもの、辛すぎるものなどは避けましょう。

お酒たばこも厳禁です。

 

また、ストレスが溜まらないように生活をすることも、胃腸にとっては大切なことですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ