楽しく為になる情報をお届けします!

セーターの縮まない洗い方!ウール・カシミア・化学繊維では?

セーター 縮まない 洗い方

セーターの縮まない洗い方!ウール・カシミア・化学繊維では?冬のファッションには欠かせない セーター

ただし、普通に洗うと縮んでしまったり、お手入れが難しいですよね。

 

とはいえ、毎回クリーニングに出すのも金銭的に負担が大きくなってしまいます。

自宅で簡単に洗うことができれば、もっとファッションに取り入れやすくなりますね!

 

そこで、今回はセーターの縮まない洗い方について、ウールやカシミヤ、その他の化学繊維などをご紹介します。

Sponsored Link

 

セーターの縮まない洗い方・ウールニットは?

まずは、洗濯できるのかどうかを、 洗濯表示マークで確認します。

「水洗い不可」であれば、やはりクリーニングに出すのがベストでしょう。

 

ウールセーターには、繊維の表面に スケールと呼ばれる髪の毛のキューティクルのような部分があります。

これが開いてしまうと、傷みや縮みの原因になります。

 

スケールは水に触れることでも開き、さらに揉んだり絞ったりという刺激にもとても弱いです。

ウールを使用したニットを洗う時には、基本的に手洗いで漬け置き洗いをするようにします。

 

洗剤も、ウールに使用できるタイプを選びます。

 

洗い方はタライなどにぬるま湯を入れて、洗剤を溶かし、衣類をたたんで漬け置きします。

長時間の漬け置きは繊維を傷めることもあるため、軽く押すようにして洗い、衣類を引き上げます。

 

綺麗な水に取り換え、手で押すようにしながら すすぎを行いましょう。

1~2回水を変えて行いますが、何度もやると傷んでしまうので注意して下さい。

 

脱水は、軽く押して絞ったセーターをバスタオルなどに挟み、押して水気を切ります。

洗濯機の脱水機能を使用する時は、高速脱水で短時間で行います。

必ずネットに入れてから行いましょう!

 

形を整えて干し、洗濯完了です。

干す時は、ハンガーで吊るすよりも、 平干しの方がセーターの型崩れ防止になります。

繊細な素材ですので、丁寧な扱いを心がけて下さいね。

 

 

セーターの縮まない洗い方・カシミヤニットは?

高級素材の カシミヤニットは、クリーニングでも風合いが落ちてしまうことがあるくらい繊細な素材です。

家庭で洗う場合には、縮まないように特に注意しましょう。

 

基本的には、ウールニットを洗う時と同じような手順で行っていきます。

特に毛羽立ちやすい素材なので、裏返しにして行うとより綺麗に仕上がります。

 

脱水も、洗濯機の脱水機能は使用しない方がベターでしょう。

干す時は陰干しで、平干しにして下さい。

 

型崩れしやすいので、仕上げに スチームアイロンで、形を整えることをおすすめします。

もし自信がないようであれば、クリーニングに出すほうが無難です。

 

 

レーヨン・アクリル・ナイロンなどの化学繊維は?

レーヨン、アクリル、ナイロンなどの 化学繊維は、ウールやカシミヤと比べれば扱いが楽なセーターです。

化学繊維100%でできている素材であれば、家庭の洗濯機のドライモードなどで十分対応できます。

 

家庭用のドライクリーニング洗剤を使用して、洗濯機の弱モードやドライモードで洗いましょう。

干す時に生地が伸びやすいので、こちらも平干しにするのがおすすめです。

 

化学繊維の場合には、縮まないように心掛けるより、伸びてしまうことの方が心配ですから、そちらを注意しましょう。

 

セーターも、家庭で取扱いしやすい素材のものが増えてきてはいますが、高級品や特に気に入っているものなどについては、クリーニング屋さんの力を借りるのも一つの手ですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ