楽しく為になる情報をお届けします!

お餅の焼き方!オーブントースターやフライパンにくっつかない!

お餅 焼き方 くっつかない

お餅の焼き方!オーブントースターやフライパンにくっつかない!お正月になると家庭の食卓に お餅は欠かせませんね。

ストックがあれば、焼いてすぐに食べられるので、小腹が空いた時のおやつにもピッタリです。

 

ですが、お餅の焼き方で悪戦苦闘されている人も多いと思います。

オーブントースターやお皿にべったりくっついてしまったり…ということがありますよね。

 

では、もっと簡単で美味しく食べるためのお餅の焼き方をご紹介します。

Sponsored Link

 

お餅の焼き方・オーブントースターでくっつかない方法!

直火で網に乗せて焼くのが美味しい食べ方と思っている人も多いのではないでしょうか?

それに近い焼き方が手軽にできるのが オーブントースターです。

 

ただし、トースターで焼くと、網の上にべったりとお餅がくっついてしまうことがよくあります。

その場合、お餅を焼く時にはアルミホイルを使用するとよいでしょう。

ただ、それだとアルミホイルにくっついてしまうこともよくありますね。

 

そこで・・・

アルミホイルをあらかじめオーブントースターで温めてからお餅を入れるとくっつきにくくなります。

更に、アルミホイルに薄くを塗っておくと完全なくっつき防止になりますね。
 
餅のこびりついた皿の洗い方!
 

 

お餅の焼き方・フライパンでくっつかない方法!

フライパンで焼く場合は、油を塗ってから加熱し、温まったところにお餅を置くようにしましょう。

フライパン調理でも使用できる、「くっつき防止のアルミホイル」などを敷いた上で調理してもいいですね。

 

ただし、フライパンの種類によっては 空焚きができないものもあるので注意して下さい。

 

醤油などの調味料を入れるとくっついてしまうこともあるので、その場合は、焼いてお皿に盛ってから醤油を付けるようにするとよいでしょう。

 

お餅の焼き方・ストーブでくっつかない方法!

石油ストーブを使っているお宅では、ストーブの上でお餅を焼くこともありますよね。

100円ショップなどで購入できる焼き網を用意し、薄く油を塗ってからお餅を乗せて焼いていきましょう。

油をたくさん塗ってしまうと火事の原因になりますので注意して下さいね。

 

アルミホイルを乗せて焼くこともできます。

その場合も、油を薄く塗っておくとくっつきにくくなります。

 

ただ、ストーブの上で調理する場合は火傷や火事に十分注意して下さい。
 
餅は消化に良い?悪い?胃腸炎でも食べられる?
 

 

お餅の焼き方・電子レンジでくっつかない方法!

焦げ目などはつきませんが、 電子レンジでお餅をやわらかく加熱することもできます。

また、オーブントースターやフライパンで焼く前にレンジにかけることで、調理の時短にもつながります。

 

お餅をお皿に乗せて、ラップをふわりとかけてからレンジで 30秒ほど加熱します。

お皿にくっつきやすいので、お皿を濡らしてからお餅を乗せます。

 

いくつかまとめて加熱したい時は、お餅の間をしっかりあけて、お皿に並べるようにしましょう。

 

きな粉で食べたい時には、多めに水を入れたタッパーでお餅を2~3分くらい加熱してやわらかくすると、きな粉が絡みやすく、美味しくいただけます。

 

基本的にはどの方法も サラダ油を少々使うとくっつかないお餅になりますので、上手に利用して下さい。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ