楽しく為になる情報をお届けします!

甘酒の美味しい飲み方!効果的なのは朝?夜?ガン予防にも!

甘酒 美味しい 飲み方

甘酒の美味しい飲み方!効果的なのは朝?夜?ガン予防にも!近年、 甘酒が体によいと注目されていますよね。

栄養価の高さから「飲む点滴」ともいわれているほどですので、未経験の人も飲んでみたいと思っている人も多いことでしょう。

 

ガン予防にも効果的といわれていますので、健康維持には 朝と夜のどちらに飲むのが良いのかなども気になりますね。

また、普通に飲んでも美味しいですが、ひと手間アレンジを加えるのもおすすめですよ。

 

そこで、今回は甘酒の美味しくて効果的な飲み方についてご紹介します。

Sponsored Link

 

甘酒の美味しい飲み方は?

まず、甘酒には 2種類あるのをご存知ですか?

米麹で作ったものと、酒粕で作ったものです。

 

味の違いは多少ありますが、どちらも健康維持に優れた効果を発揮します。

ただし、米麹で作ったものは砂糖もアルコールも不使用ですので、気兼ねなく飲めるのではないでしょうか。

 

まずは、 豆乳を入れて飲むと美味しくなりますよ。

豆乳を入れるとイソフラボンの栄養価も摂取できるので、男女ともにさらによい効能を持たらしてくれます。

 

同じく、 ホットミルクで割ってもマイルドで美味しくいただけます。

体を温めたい人はしょうが汁を入れるのもよいですね。

 

便秘解消効果を期待している人は、フォークなどで潰したバナナを入れてみるのもおすすめの飲み方です。

 

また、どうしても寒い時期の飲み物というイメージがありますが、夏は冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むと 夏バテ防止にも一役買ってくれる存在になります。

 

 

甘酒の効果的な飲み方・いつが良い?朝と夜で違う?

甘酒を飲む時間というのは特に決まっていません。

ただし、 飲む時間によって期待できる効果が変わってくるようです。

 

ダイエットのために飲む人は朝や間食にするのがおすすめです。

栄養価がバッチリなので、これ1杯で十分栄養補給になるんですよ。

ダイエットの場合は、砂糖もアルコールも入っていない 米麹のものがよいでしょう。

 

甘酒には 疲労回復効果もあるので、夜飲むのもおすすめです。

夜はホットミルクで割ると安眠効果がアップします。

 

夜ならアルコール入りでもOKですが、寝る前の砂糖はあまりおすすめできませんので、やはり米麹のものがよいかもしれませんね。

 

それぞれの時間で効果が違うので、「朝も夜も飲みたい!」と思われるかもしれませんが、甘酒は1日1杯を目安に飲みましょう。

どちらの飲み方が自分に合っているのか考えて決めて下さいね。

 

 

甘酒を飲むとガン予防になるの?

もともと栄養価の高い甘酒は、 ガン予防にも効果的だといわれています。

 

「飲む点滴」といわれているその理由は、ビタミン、アミノ酸、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれていることにあります。

 

普段不足している栄養を補うことができるので、「腸内環境の改善」「免疫力の向上」「抗酸化作用」などが期待でき、便秘解消、感染症予防の他、動脈硬化やガン予防にも繋がります。

 

特に、米麹の中には アスペラチンという成分が含まれています。

このアスペラチンは世界的に注目されている抗ガン成分なのです!

 

米麹と米を水で煮込むだけで簡単にできますので、自宅でチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

健康維持効果を期待して実践している人も多いですよ。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ