楽しく為になる情報をお届けします!

冬の赤ちゃんの布団・枚数や選び方!手や肩が冷える・蹴る時!

冬 赤ちゃん 布団

冬の赤ちゃんの布団・枚数や選び方!手や肩が冷える・蹴る時!小さな赤ちゃんがいるご家庭にとって、 寒い冬は体調管理が難しい季節です。

 

特に寝ている時間は布団での体温調節も欠かせませんし、暑がって蹴ってしまう子もいますので、悩んでいるママも多いかもしれませんね。

 

手がかなり冷たくなっていたり、肩が冷えている様子を見ると何とかしてあげたいのですが、布団のかけ過ぎも 逆効果になるようです。

 

そこで、今回は冬の赤ちゃんの布団について、枚数や選び方、蹴る時の対策などをご紹介します。

Sponsored Link

 

冬の赤ちゃんの布団・枚数や選び方は?

冬に限らず、赤ちゃんの布団はやわらかくて軽く、 上質なものを選ぶようにしましょう。

 

もともと大人よりも体温が高く、代謝が激しいので汗っかきなのも特徴です。

冬でも良かれと思って布団をかけ過ぎてしまうと、暑がったり 汗疹ができてしまうこともあります。

 

暖房が利いた部屋で昼寝をしている時は、綿毛布タオルケットなど1枚で十分です。

 

夜寝る時は、エアコンをかけっぱなしにはしません。

かけるとしても、寝入りのタイミングだけにしましょう。

 

ただし、気温が著しく低下し、明け方になり体温が下がる際は、少し部屋を暖めてあげても良いですね。

 

夜寝る時の布団は、綿毛布などに薄めの掛布団を1枚プラスするか、 厚手の掛布団1枚にしましょう。

あまり枚数をかけ過ぎないようにし、厚手の物を使用する場合も、なるべく軽い素材を選んで下さい。

 

大人と同じような重い布団では、窒息してしまう危険性もありますよ。

 

 

冬の赤ちゃんの布団・肩が冷えたり、手が冷たい時は?

赤ちゃんが寒いかどうかは、 背中やお腹が冷たくなっていないかで判断しましょう。

手足や肩などが冷たくなっていても、背中・お腹が温かければ体温が下がっていることはありません。

 

普段と同じように、昼寝の時はお昼寝用のケット1枚、夜寝る時には掛布団をプラスするという方法で良いでしょう。

 

ただし、手足が氷のように冷たくなり、血色が悪く感じられる場合は、ミトン、靴下、ベストなどを着せるようにしましょう。

 

 

冬の赤ちゃんの布団・蹴ったり、布団から出る時は?

赤ちゃんが布団を蹴ってしまったり、気が付くと布団からはみ出ているというのはよくあることです。

これも、手足の力が強くなっていて、 成長している証だと受け止めましょう。

 

とはいえ、寒さにさらされているのは困りますね。

手足が少し出てしまうくらいであればあまり気にしなくても良いですが、体全体が出てしまう時には、スリーパーなどを活用して対策をしていきましょう。

 

また、布団を蹴る際は、赤ちゃんが 暑がっているということも考えられます。

背中に手を入れてみて汗をたくさんかいていれば、エアコンの温度を少し下げたり、布団を1枚減らしたり、薄手にしたりしましょう。

 

冬は風邪をひいてしまわないかととても心配ですね。

ただ、赤ちゃんにとっては、大人より少し寒いくらいが適した環境です。

 

こまめに様子を観察しながら、布団や室温調整を行いましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ