楽しく為になる情報をお届けします!

あられ・せんべい・おかきの違い!原料や製法、大きさも関与!

あられ せんべい おかき 違い

あられ・せんべい・おかきの違い!原料や製法、大きさも関与!日本の代表的なおやつといえば、 せんべい類が挙げられます。

塩味(サラダ味)や醤油味、甘いものまで様々な種類がありますよね。

 

ところで、せんべい、あられ、おかきなどの違いについては正確に把握していますか?

何となく食べていることも多いですが、原料や大きさなどが関与しているのでしょうか?

 

そこで、今回はあられ・せんべい・おかきの違いについてご紹介します。

Sponsored Link

 

あられとは?

あられ、せいべい、おかきなどはすべて 「米菓」と呼ばれ、その名の通り、お米からできているお菓子です。

その中で、あられと呼ばれるものは、原料がもち米からできているというのが特徴です。

 

あられは、米菓の中では小さいサイズのものが多く、丸っこい形のものが主流です。

お茶漬けの薬味などと一緒に出てくる小さな丸いものも、あられと呼ばれています。

 

この名前は、餅を小さく砕いて炒って作る際に、カラカラと鳴る音や、膨らんだ形が天候の 「霰(あられ)」に似ているというところから名付けられています。

 

代表的な製品といえば、ひなあられや、海苔巻あられなどです。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

せんべいとは?

せんべいは、 うるち米を原料として作られる米菓です。

あられやおかきは、油で炒って作られますが、せんべいは火で炙って作られるという製法の違いもあります。

 

せんべい自体は、 飛鳥時代くらいから食べられていたようです。

 

そのころは小麦粉などを水で練ってから焼いて作っていたようで、今のように米が原料になり出したのは江戸時代頃だそうです。

最初は、余った団子を平たくのばして焼いたのが始まりといわれています。

 

よくスーパーで見かける 柿の種 ハッピーターンなどは、製品上せんべいに分類されますが、うるち米ともち米をブレンドして作られた製品もあり、線引きは曖昧なところです。
 
アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルクの違い!
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

おかきとは?

おかきは、あられと同じように もち米が原料となっています。

あられとの明確な区分というのはないのですが、大きいものがおかき、小さいものがあられと
呼ばれる傾向にあります。

 

おかきは、もともとはかき餅といわれていて、お正月に飾ったお供え餅を割って、油で揚げて作ったものが始まりといわれています。

 

代表的な製品としては、チーズおかき、豆おかきなどです。

おかきにも、 うるち米 もち米がブレンドして配合されている製品もあります。

 

 

関東ではせんべいが好まれ、関西ではおかきやあられが好まれているという傾向もあるようです。

日持ちする製品が多く、進物用のお菓子としても老若男女に人気があります。

商品選びの参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ