楽しく為になる情報をお届けします!

マフラー・ストール・ショール・スカーフの違い!素材や用途は?

マフラー ストール ショール スカーフ

マフラー・ストール・ショール・スカーフの違い!素材や用途は? 朝晩の寒暖差が激しい季節などは、 首元を温めるマフラーやストールなどが役に立ちますね。

首を冷やさないことは、体温管理の上でも大切です。

 

そして、首元のおしゃれに欠かせないのが、 マフラー、ストール、ショール、スカーフなどのアイテムです。

これは、大きさや素材によってそれぞれの違いがありますが、明確な定義をご存じでしょうか?

 

そこで、今回はマフラー・ストール・ショール・スカーフの違いについてご説明します。

Sponsored Link

 

マフラーとは?

首に巻く、細長い 襟巻のことを指します。

主に防寒用に用いられ、使用される時期は晩秋~冬のみ。

 

毛糸 ウールを使用して作られるものが多く、防寒用ですので厚みがあるものが多いです。

ストールなどと比べると、ボリュームが出るものが多いですが、かさばりやすいのが難点でもあります。

 

最近では、ネックウォーマーなどの流行もあり、需要は少し減っているかもしれませんが、男女を問わず寒い外気から首元を守ってくれる貴重なアイテムですね。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

ストールとは?

ストールは、 肩掛けという意味を持っており、マフラーとの一番の違いとなるでしょう。

ただし、細くたたんで首に巻くスタイルでも使用されるので、混同されることも多いです。

 

素材は毛糸のものより、ウール綿素材が多いです。

防寒用としてももちろん使用されますが、生地や厚みも様々なので、一年中の おしゃれに使用できます。

 

以前は、女性のおしゃれアイテムと認識されることが多かったですが、近頃は男性でも首元のおしゃれを演出する人が増え、ストールをアクセントに使う人が増えています。

 

ショールとは?

ストールよりもさらに 大判で、肩から羽織ったり、頭巾のようにして頭からかぶったりして使用することがあります。

 

ストールとショールでは明確な区分というのはないようですが、より大判で厚手のものはショールとされることが多いようです。

 

主に女性が使用するものとされています。
 
ストールの洗濯方法!アクリル・シルク・ウール・カシミアは?
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

スカーフとは?

スカーフは正方形の薄手の布で、防寒用ではなく 装飾用です。

 

マフラーやストール、ショールとは違い、かなりサイズも小さいですね。

飛行機のCAさんが首に巻いているものをイメージしてもらえればいいと思います。

 

スカーフの場合は シルク素材がメインで、やわらかく巻き方によって多様性を出すことができるおしゃれアイテムです。

色柄も多様で、会社の受付の女性などが付けることにより、印象を明るくすることができそうです。

 

女性用と思われることが多いですが、ヨーロッパーでは男性がネクタイ代わりに巻くこともあります。

英語でスカーフというと、 「襟巻き」「肩掛け」「結びネクタイ」という意味を指します。

 

首に巻いて使用するのが一般的ですが、手首に巻いたり、ヘアバンドの代わりにされることもあり、使い方が広がっているようです。

 

いずれも、服装のアクセントとして使用されることも多いため、自分のファッションを演出するつもりで利用してみるのも良いでしょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ