楽しく為になる情報をお届けします!

年越しそばを食べる意味と由来!海老天やにしんは縁起が良い?

年越しそば 意味 由来

年越しそばを食べる意味と由来!海老天やにしんは縁起が良い?毎年、大晦日には 年越しそばを食べるという人は多いと思います。

恒例行事の1つなので「これを食べないと新年が迎えられない」といったところでしょうか。

 

実は、年越しそばは江戸時代くらいから定着していた年中行事の1つですが、その意味由来を知っている人は意外と少ないかもしれませんね。

 

“細く長く”というところから、健康長寿を願って食べる縁起物です。

 

今回は、大晦日に年越しそばを食べる意味や由来について、もっと詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

年越しそばを食べる意味は?

年越しそばが日本の歳末の風物詩に定着したのは 江戸時代からといわれています。

そばのように“細く長く”という意味にあやかり、「健康長寿」「家運長命」を願って食べられてきました。

 

地域によって呼び名も異なり「福そば」「晦(つごもり)そば」「運そば」「年切りそば」をはじめ多数存在します。

 

江戸時代の書物によると、「そばを食べると 脚気(かっけ)にならない」という噂が広がり、庶民の間で流行っていったようです。

 

もともと商人の間には「三十日そば」という習慣があり、毎月末に食べていましたので、それも後押しする形となり、大晦日だけに残ったという説もあります。

 

また、他の麺類と比べると切れやすいので、「今年一年の災難を断ち切り、借金なども新年に持ち越さない」という意味で食べるようになったという話もあります。

 

いずれにしても、「一年の不幸を断ち、新年以降を健やかに過ごす」というための縁起物としては打って付けだったようですね。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

年越しそばの由来とは?

もっと昔の鎌倉時代には 「世直しそば」という習慣があったといわれています。

これは、年を越せないほど貧しい人たちにそば粉で作った団子を振舞ったところ、翌年、貧しい人たちにも運が向いてきたという出来事に由来します。

 

これが現在の年越しそばの大元になっているという説もありますが、はっきりしたことはわかっていません。

 

様々な文献に記載があるのは、やはり江戸時代中期頃の話になります。

当時の金細工職人は、そば粉を使って金箔を伸ばしていたとする説、飛び散った金を集めるためにそば粉で作った団子を使っていたとする説など、由来となるような話は数多くあります。

 

ちなみに、ネギを薬味としたのは 「労(ねぎら)う」という意味があるとされています。

 

縁起の良いトッピングは海老天やにしん?

食べられるそばのスタイルは、 地域によって異なります。

全国的には、海老などの天ぷらをトッピングしていることが多いようです。

 

京都や北海道ではにしんの甘露煮を載せて食べています。

福井などの北陸地方では、大根おろしをかけて食べる、いわゆる「おろしそば」を越前そばと呼び、年越しそばとして食べています。

 

他にも、甘辛く煮たお揚げを載せる きつねそば、かまぼこや椎茸、卵焼き、ほうれんそうなどをトッピングするおかめそばなどが食べられています。

 

お節料理のように縁起物のトッピングを載せるというよりは、地域や家庭の風習によってトッピングが選ばれているようです。

 

また、温かいものか冷たいものか、これも決まりはなく家庭によって様々です。

ただ、11~12月は新そばがおいしい時期なので、より香りがたつ、冷たいそばを楽しむ人が多いようです。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

年越しそばはいつ食べるべき?

年越しそばを食べるタイミングは、ほぼ全国的に 大晦日の夜です。

大晦日の夕食時や、夕食後に除夜の鐘を聞くくらいのタイミングで食べる家庭もあります。

 

ただし、大晦日であれば、いつ食べても問題はありません。

「今年一年の災難を断ち切る」といった意味で食べるのであれば、少なくとも新年を迎える前に食べておきましょう。

 

一般的に、新年に入ってからだと縁起が悪いとされているのです。

ただ、福島県会津地方などの一部の地域では、元旦に食べる風習のある地域もあります。

 

今年一年、あまり良い年ではなかったという人は、来年以降をより良きものにするために、願いをイメージしながら食べるのもおすすめです。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ