楽しく為になる情報をお届けします!

妊婦のインフルエンザ予防接種の必要性と胎児への影響!

妊婦 インフルエンザ 予防接種

妊婦のインフルエンザ予防接種の必要性と胎児への影響!妊娠中は、何かと感染症やそれによる胎児への影響が気になりますよね。

特に、妊婦さんは免疫力が普段よりも落ちてしまい、 感染症への抵抗が弱くなるので注意が必要です。

 

毎年冬に流行するインフルエンザも、なるべくかからないようにしておきたいですね。

安全性が認められていても、やはり心配な点は払拭できませんので…。

 

今回は、妊婦さんのインフルエンザ予防接種の必要性や安全性についてのご紹介です。

Sponsored Link

 

妊婦さんのインフルエンザ予防接種の必要性は?

妊婦さんが妊娠中に予防接種をすることで、 胎児への悪影響があるのではないかと心配されることがあります。

 

確かに、妊娠期間には接種できない予防接種もありますが、インフルエンザは厚生労働省によって接種が推奨されてます。

 

妊婦さんがインフルエンザに罹ってしまった場合、 タミフルなどの治療薬は使用できないケースもあります。

当然、高熱が出るのでとても辛い状況になりますね。

 

万が一重症化してしまうと、妊婦さん自身や 胎児への後遺症などの影響も懸念されます。

免疫力が低下する時期だけに、重症化しやすいという研究結果も発表されているのです。

 

マスクや手洗いうがい、人込みを避けるなどの予防策も当然必要です。

しかし、通勤している人や、幼稚園や保育園に通う上のお子さんがい時などは、特に接種しておくメリットがあるといえます。
 
妊婦の受動喫煙!副流煙による影響は?
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

妊婦のインフルエンザ予防接種・安全性や胎児への影響は?

インフルエンザの予防接種は、 「不活化ワクチン」といって死んだウィルスを使用して作られます。

そのため影響は極めて少ないとされ、安全性も高いといわれています。

 
妊婦さんが接種しても胎児への影響はまずありませんが、医師によっては、妊娠16週までの妊娠初期は避けた方が無難という見解を持っている人もいます。

 

今のところ、妊娠初期に接種したことで、胎児への先天的な障害が残ったという報告は前例がないそうです。

 

予防接種を受ける前に、かかりつけの産婦人科にしっかり相談するべきですが、過去に予防接種でアレルギー反応などなどを起こした事例もあるようです。

その場合は、回避しておいた方が良いかもしれません。

 

妊婦のインフルエンザ予防接種・時期はいつから?

インフルエンザ予防接種は、 10月中旬から摂取できるようになります。

 

流行のピークは例年1月~2月頃になり、接種から免疫が付くまでに2~4週を要するので、11月中には接種を済ませておきたいですね。

 
妊婦の咳が止まらない!胎児への影響や尿漏れ対策
 

防腐剤入りの予防接種は危険なの?

ワクチンには、防腐剤として 有機水銀(チメロサール)などが添加されているものがあります。

 

過去には、発達障害を起こすのではないかという見解があったこともありますが、有機水銀によって胎児への先天的な影響は認められないことがわかっています。

 

どうしても気になるという時には、防腐剤を添加していないワクチンが摂取できる医療機関もありますので、そちらを選択すると良いでしょう。

 

妊娠期間中は、それでなくても体の変化やトラブルが多いので、インフルエンザなどの予防ができる感染症には早めに対策を考えておきましょう。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ