楽しく為になる情報をお届けします!

秋の赤ちゃんの布団!種類や枚数の選び方と蹴る時の対策!

秋 赤ちゃん 布団

秋の赤ちゃんの布団!種類や枚数の選び方と蹴る時の対策!夏が終わり、暑さも和らいできたら気持ちの良いがやってきます。

とはいえ、季節の変わり目となる時期は、まだまだ寒暖の差に気を付けたいものですね。

 

また、本格的に秋が深まると 朝晩の冷え込みも厳しくなるので、赤ちゃんの寝具も秋使用にしていきます。

大人より汗っかきで体温が高いので、布団のかけ過ぎは却って体調不良を起こすことも考慮しておきましょう。

今回は、秋の赤ちゃんの布団について、種類や枚数の選び方を中心にご紹介します。

Sponsored Link

 

秋の赤ちゃんの布団・種類や枚数の選び方は?

夏場は薄手のもので過ごしますが、秋が深まり、 朝晩の冷えが気になるようになったら、布団も少し厚手のものにしましょう。

 

中綿入りの薄めの掛布団などが良いですね。

特に寒さが気になる時には、ブランケットなどと併用します。

 

大人と添い寝をしている時でも、掛布団は 大人用を別途用意すべきです。

赤ちゃんの体から離れてしまうこともありますし、そもそも大人用の布団は赤ちゃんにとっては重たいことも考慮しておきましょう。

 

また、赤ちゃんは入眠する時には体温がぐっと上がりますが、朝にかけて徐々に体温が下がっていきます。

秋が深まると明け方が特に冷えやすくなりますので、気が付いた時に1枚足してあげて下さい。

 

ただし、赤ちゃんは寒い時期でもたくさんをかきます。

布団のかけ過ぎは汗冷えの原因にもなりますので、注意しておきましょう。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

秋の赤ちゃんの布団・新生児の場合は?

新生児の場合でも、掛布団と必要に応じてブランケットなどを使用しましょう。

ただし、首座り前の新生児の場合は、布団による窒息などの危険性も高いので、軽い素材ものを選びます。

 

また、手足の力もまだ弱い時期なので、暑いと感じても布団を蹴れない場合があります。

背中に汗をたくさんかいていないかなど、よく観察して調節してあげましょう。

 

新生児の場合は、夜中でも数時間おきに授乳やミルクで起きます。

寒いと感じる時には エアコンなども上手に利用しましょう。
 
秋の赤ちゃんの服装!部屋で過ごす時・外出する時・寝る時!
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

秋の赤ちゃんの布団・どうしても蹴る時は?

暑い寒いにかかわらず、赤ちゃんは 反射的に布団を蹴ってしまいます。

 

手足が冷えているのに布団を蹴っている時は、スリーパーを活用してみましょう。

パジャマの上から着られるベストタイプの布団なので、蹴ってはだけてしまうこともなく安心です。

 

その他、赤ちゃん用の 腹巻なども便利です。

お腹の冷えは体調不良に繋がりやすいため、腹部を冷やさないようにしておくことはとても大切です。

 

ただし、赤ちゃんは大人よりも汗っかきで、「薄着でも大丈夫」といわれるほどです。

着せすぎや布団のかけ過ぎには注意しながら、よく観察してあげましょう!

 

日中は気持ちの良い気候が続く秋ですが、 昼夜の寒暖差は赤ちゃんにとっては辛いものです。

質の良い睡眠も日々の成長には欠かせないため、気持ちよく眠れるようにしてあげたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ