楽しく為になる情報をお届けします!

メロンの切り方・簡単でおしゃれに!おもてなしでは横切りに!

メロン 切り方

メロンの切り方・簡単でおしゃれに!おもてなしでは横切りに! メロンを食べる時、どのように切っていますか?

家族で食べる時は、8等分くらいに食べやすくカットするという人が多いですね。

 

でも、他にもいろんな切り方がありますよ。

 

カットの仕方が違うだけでいつもとは異なる雰囲気になりますし、おもてなしやパーティーなどにもピッタリの切り方があるのです。

 

そこで、今回はそんなメロンの切り方についてご紹介します。

Sponsored Link

 

メロンの切り方・簡単でおしゃれにするには?

メロンの皮を 容器にしてしまう切り方をご紹介します。

とても簡単にできますし、おしゃれな仕上がりになりますので、ぜひお試し下さい。

 

まず、メロンを横にして半分にカットします。 (※ヘタには包丁を入れないように)

半分しか使いませんので、片方の種やワタを取り除いて下さい。

 

そして、1/2になったメロンの底の部分を2cmほど切り落とします。(断面が2つになります)

 

あとは、大きい断面から実をくり抜いていきますが、皮から1cm程度の部分に包丁を入れ、回しながら綺麗にくり抜くことができます。

 

くり抜いた実は食べやすい大きさにカットしましょう。

 

 

残ったメロンの皮自体を容器にしますので、最初に切り取った底の部分をひっくり返して、大きな断面から入れてあげると底の部分の 土台となってくれます。

 

あとは、カットした実を飾るだけで完成です。

 

意外と簡単にできますし、見た目もおしゃれに仕上がります。

底の部分の土台にしているので、嵩(かさ)が増したようにも見えますね。

 

 

他にも、こんなおしゃれな切り方があります。

 

縦1/4にカットしたメロンを中央付近でカットしますが、真横からではなく、斜めにカットします。

次に、包丁を使って皮から実を綺麗にくり抜いていきます。 (※2等分にしたので両方とも)

 

片方の皮のみを容器として、食べやすい大きさに切った実を盛り付けて下さい。

この方法も見た目に ボリューム感が出ますし、1人分ずつ小分けにできるのも嬉しいですね。
 
メロンの追熟・カットや冷蔵庫はNG!早める方法は?
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

メロンの切り方・おもてなしでは縦切り・横切り?

メロンを普通にカットする時、 縦と横のどちらにカットしていますか?

これは食べる目的によって変わってきます。

 

メロンは上の部分より下の部分が甘くなります。

確かに固い部分と熟している部分がありますよね。

 

ですから、甘い部分をみんなで均等に食べたい時は、ヘタの部分に包丁を入れて縦に切るのがベストです。

食べる時は、上側から下側へ食べていくと甘味が増していきます。

 

また、横に着ると甘い部分だけを食べることができます。

 

ですから、お客様に おもてなしとして出す時は、横に切るのが良いでしょう。

時と場合によって切り方を使い分けてみて下さいね。
 
メロンで喉のイガイガや痒みが出るのはアレルギー?
 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 

メロンの切り方・カットしたものを保存するには?

カットしたメロンを保存する時は、できるだけ 空気に触れる部分が少ないほうがベストです。

ですから、半分なら半分、1/4なら1/4のまましっかりラップをして冷蔵庫で保存するのが一番です。

 

一口大に切った場合は、タッパーやジップ付の袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。

お皿に載せたままラップをしていても、空気が入りやすいので劣化が激しくなります。

 

切ったメロンは2~3日保存が可能ですが、なるべく早く食べ切ってしまった方が美味しくいただけます。

 

一度に食べきれない場合は、ジップ付の袋に一口大にカットしたものを入れ、なるべく平らにして 冷凍保存しましょう。

 

解凍するとどうしてもベチャベチャとなってしまうので、半解凍にしてシャーベットのようにそのまま食べるか、スムージーやジュースにするのがおすすめです。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ