楽しく為になる情報をお届けします!

インフルエンザ予防接種したのに感染・発症・重症化するの?

インフルエンザ 予防接種したのに

インフルエンザ予防接種したのに感染・発症・重症化するの?毎年、冬になると猛威を振るう インフルエンザ

非常に感染力が強いウィルスですが、なるべく感染・発症を避けたいですね。

 

そのために時期を見て予防接種を受ける人も多いです。

ただし、なかには 「予防接種したのに感染してしまった」という人も多いのではないでしょうか。

 

せっかくワクチンの力を借りたのに、なぜこのようなことが起こるのか不思議ですよね。

 

そこで、今回はインフルエンザの予防接種をしたのに感染・発症するケースについてご紹介します。

Sponsored Link

 

インフルエンザ予防接種したのに感染・発症することはあるの?

ご紹介した通り、きちんと予防接種を受けていても感染することはあります。

厚生労働省によると、インフルエンザワクチンを接種すれば絶対に罹らないというものとはしていないのです。

 

とくに免疫力の低い子供やお年寄りなどは、予防接種したのに感染してしまうというケースが多いようです。

 

もちろん疲労やストレスなどでも免疫力は下がってしまうため、私たちひとりひとりが気を付けなければならない問題です。

接種したことで安心せず、手洗いやうがいなどの対策は怠ってはいけません。

 

インフルエンザにはがありますよね。

大きく分けてA型、B型、C型の3種類があります。

 

その年の流行を予測して予防接種をしますが、時には予想外のインフルエンザも流行することがあります。

例えば、主にA型とB型に効果を示すワクチンを体内に注入しても、C型に対抗する免疫はできていませんので、当然感染する可能性は十分あります。

 

違う型でも予防効果が全くないわけではありませんが、やはり免疫力の低い人はより罹りやすくなってしまいます。
 
妊婦のインフルエンザ予防接種の必要性と胎児への影響!
 

 

インフルエンザ予防接種したのに高熱などの重症化もあるの?

予防接種したのに感染してしまったときの 症状は・・・

・38℃以上の高熱
・咳
・喉の痛み
・頭痛
・関節痛
・腹痛
・下痢
・悪寒

などです。

 

接種していない場合とあまり変わらないように感じますね。

 

ただ、厚生労働省によると、予防接種を受けていればインフルエンザに感染したとしても「重症化を阻止する効果がある」ということです。

とはいえ、やはりこちらも100%ではないようです。

 

予防接種をすれば体内に抗体ができます。

この抗体がしっかり作られているかいないかで、症状も変わってくるということです。
 
インフルエンザの合併症の種類!肺炎や脳症の症状は?
 

 

インフルエンザ予防接種の必要性とは?

予防接種をしても、絶対に罹らないという保障はありません。

また、重症化しないという保障もありません。

 

ですが、しっかりと受けている人の中では感染する人は僅かですし、その中で重症化してしまう人もごく稀です。

 

インフルエンザウィルスが時に 人を死に至らしめるものである以上、予防策を考えておく必要性は十分にあると思われます。

接種しておけば、感染しても症状が軽めである可能性があり、また治った時の体力の回復も早いです。

 

普段から風邪をひきやすかったり、毎年インフルエンザに罹ってしまったりという人は、免疫力をアップさせるように体質改善を図った方が良いかもしれませんね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ