楽しく為になる情報をお届けします!

発毛・育毛・増毛・植毛の違い!毛根の再生や人工的増加も!

発毛 育毛 増毛 植毛 違い

発毛・育毛・増毛・植毛の違い!毛根の再生や人工的増加も!薄毛や抜け毛が気になってくると、何とか対策をしたいと思いますよね!

「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」といろいろありますが、この4つの違いをご存知でしょうか?

 

しっかり内容を理解しておかないと、ケア用品を買っても期待する効果は得られないかもしれません。

ぜひ自分の髪の悩みに適した方法を選びたいですね。

 

そこで、今回は発毛、育毛、増毛、植毛の違いについてご説明します。

Sponsored Link

 

発毛とは?

髪の毛が抜けてしまった 毛穴から、もう一度毛が生えるようにケアしていくことです。

現在の髪の毛を維持するだけではなく、髪の毛の蘇りが期待できるということになります。

 

医療的な薬剤を使用した発毛剤は、毛母細胞の働きを活性化させ、発毛を休止していた毛根から再び髪の毛が生えるようになるのです。

 

たとえツルツルの頭になってしまっていても、再生が必ずしも不可能ということではないため、試してみる価値はあるかもしれません。

 

 

育毛とは?

簡単にいえば、今ある髪の毛を育てていくことです。

抜け毛を予防したり、丈夫な髪の毛を育てたり、大元となっている 頭皮環境を整えていくことになります。

 

育毛というのは、髪の毛というより主に 「頭皮ケア」のことなのです。

もちろん、細くなった髪の毛を太くするというのも育毛に含まれますし、それにより薄毛がどんどん目立たないように改善されるということになります。

 

発毛との根本的な違いは、すでに死んでしまった毛穴から髪の毛が生えるようになるのではなく、今ある髪の毛を元気にしたり、太くしていくということです。

 

より高い効果を求めるのなら育毛剤よりも発毛剤がおすすめですが、現実的な達成度を考慮すると、育毛の方が効果を得られやすいと考えるのが普通です。

 

養毛という言葉もありますが、頭皮や髪に栄養を届け髪の健康を維持していくことなので、育毛に近い言葉ですね。

 

増毛とは?

増毛は文字通り、毛を増やすことです。

育毛や発毛のように自身の髪の毛を育てる、発毛させるのとは違いがあり、 人工的に髪の毛を増やします。

 

髪の毛が薄くなった時、残っている毛に数本程度人工の毛を結んだり、結着させたりして増やします。

副作用などもありません。

 

費用は5万円ほどからと意外とリーズナブルです。

ですが、自分の毛が伸びると増やした分も浮いてきてしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

また、自分の髪の毛に人工の毛を付けているだけなので、その毛が抜ければ一緒に抜け落ちてしまいます。

毛髪にはサイクルがあり、いつかは自然に抜け落ちてしまうので、1回やればOKというものではありません。

 

ただ増やすだけでなく、同時に育毛を行って頭皮環境を整えたり、今ある自分の毛を大切にすることもケアしていく必要があるのです。

 

 

植毛とは?

増毛は以外とリーズナブルでしたが、植毛は 100万円ほどかかります。

植毛は髪の毛が生えなくなってしまった毛根に、人工的に毛穴を埋め込んでいく医療行為です。

 

一度植え付けるとその後は伸び続けていくので、メンテナンスなども必要ありません。

確かに値段の違いはありますが、その分植毛のほうが自然に髪が増えて行く期待値も高いです。

 

初めにかかるお金は高額ですが、メンテナンスがいらないというのは楽ですね。

ただし、医師の技術によって仕上がりは変わってきます。

 

また、頭皮が拒否反応を起こしてしまうこともあり、植毛をしたところが炎症を起こしてしまう可能性もあります。

いずれにしても頭髪の悩みを抱えている人は、カウンセリングを受けて自分に合ったベストの選択が必要となるでしょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ