楽しく為になる情報をお届けします!

生クリーム・ホイップクリーム・カスタードクリームの違い!

クリーム 違い

生クリーム・ホイップクリーム・カスタードクリームの違い!料理やスイーツ作りに欠かせない クリーム類

コクがあって濃厚なのも人気ですが、最近は甘さ控えめが主流のようです。

 

一口にクリームといっても「生クリーム」「ホイップクリーム」「カスタードクリーム」「サワークリーム」などいろいろあります。

 

なんとなく違いはわかるけど、はっきり相違点をいえないという人も多ですね。

用途などもぜひ知っておきたいですね。

 

今回は、そんなクリームの違いについてご紹介します。

Sponsored Link

 

生クリームとは?

生クリームとは、牛乳から 脂肪分のみを分離して作られたものをいいます。

 

一般に生クリームと表現されるものは、乳脂肪分が18%以上含まれています。

また、動物性油脂のみが使用され、植物油脂などの添加物を含まないことが条件です。

 

その中でも、脂肪分が18~30%のものを ライト、30~45%を ヘビークリームといいます。

ライトタイプはコーヒーフレッシュなどに、ヘビークリームはデコレーションケーキのホイップなどとして使われます。

 

他にも、シチューやパスタソースなどにも使用されています。

 

 

ホイップクリームとは?

ホイップクリームとは、本来は 「泡立てたクリーム」という意味で、ケーキなどのデコレーションに使われます。

 

スーパーに行くと「純生クリーム」とは別に、「ホイップ」という種類のものを見かけますね。

これは、植物油脂などを加えて成分を調整したクリームのことです。

 

生クリームとの違いといえば、値段が安く、保存性がいいのがホイップクリームの特徴です。

また、植物油脂などが混ざっているので、生クリームと比べるとコクや濃厚さに欠けます。

 

ただ、お菓子作りの時などに泡立てる時には、こちらの方が扱いやすいというメリットもあります。

 

カスタードクリームとは?

カスタードクリームは、 卵黄、砂糖、牛乳、小麦粉を原料として作られるクリームです。

 

生クリームと比べると安価な材料で作れるため、お菓子作りやパン作りで重宝されます。

また、材料があれば自宅でも簡単に作れるのが、生クリームとの違いです。

 

シュークリーム、フルーツタルト、パイなどに使用されることが多いですね。

薄黄色でトロッとした濃厚な味わいが特徴ですが、原料に卵が使用されていることで日持ちしないのが難点です。

 

ブランデーやバニラで香りづけをすることもありますね。
 
モンブランの語源と由来!栗が使われる理由は?
 

 

サワークリームとは?

サワークリームは、生クリームに 乳酸菌を加えて発酵させて作ります。

生クリームから作られるサワークリームは、乳脂肪分が16~21%ほど含まれています。

 

他にも、生クリームと牛乳を混ぜて作るライトサワークリームや、コーンスターチやゼラチンを混ぜて作る無脂サワークリームがあります。

 

酸味があるので、塩気のあるものと一緒におつまみにしたり、ボルシチなどスープに加えて使用されます。

他のものと比べると、お菓子よりも料理での活用が多いですが、ケーキやクッキーなどに使用されることもあります。

 

 

いかがでしたか?

クリームによって特徴や用途に違いがあり、上手に使い分けしたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ