楽しく為になる情報をお届けします!

オクラの保存と期間!常温か冷蔵か?冷凍や干して乾燥も!

オクラ 保存

オクラの保存と期間!常温か冷蔵か?冷凍や干して乾燥も!シャキシャキとした歯応えが魅力の野菜、 オクラ

ムチンという粘り成分も含まれ、不思議な食感や健康維持効果も人気の理由です。

 

実は、オクラは傷みやすい野菜で、長期保存には向いていないといわれています。

ただし、少し工夫することにより長持ち度もグッとアップしますので、冷凍させる方法や干して乾燥させる裏技も覚えておきましょう!

 

今回は、オクラの保存についてご紹介します!

Sponsored Link

 

オクラの保存・常温と冷蔵のどっち?期間は?

基本的に 「冷蔵」です!

というのも、オクラは常温では傷みやすく、10℃くらいの温度が保存に適しています。

 

冬場の寒い時期なら冷暗所でも問題ありませんが、夏場は冷蔵庫に入れておきましょう!

ただし、5℃以下になってしまうと低温障害を起こし、劣化させてしまう原因になるため、 野菜室に入れておくのがベストです。

 

保存期間は5日程度ですが、カット済みであれば2日程度しか持ちません。

カットしてしまうと足が早く(腐りやすく)なりますので、購入する時にもできるだけ新鮮なものを選びたいですね。

 

選び方のポイントとして・・・

・緑色がしっかりと濃いもの
・大きいよりは小さめのもの
・産毛がフサフサしているもの

などが目安となります。

 

オクラは乾燥を嫌うため、冷蔵庫で保存する時は新聞紙にくるんだり、ビニール袋に入れてあげると良いでしょう!

 

 

オクラの保存・冷凍する方法と期間は?

オクラは 冷凍しておくことも可能です。

生の状態でも下茹でした後でもどちらでもOKですが、茹でてから保存する方が使い勝手も良くなります。

 

方法としては・・・

1.塩もみしてトゲや産毛を取り、水洗いする。
2.沸騰したお湯で30~40秒程度サッと茹でる。
3.粗熱が取れるまで待つ。
4.なるべく空気に触れないよう1本ずつラップなどにくるんで冷凍庫へ

 

塩もみは、まな板を使用して「板ずり」する方が簡単かもしれませんね。

また、使用する際は解凍なしで、冷凍のまま調理できます。

 

栄養たっぷりなオクラは、 離乳食にも適しています。

始めるタイミングは、少し形のあるものがモグモグと噛める中期頃から与えて下さい。

 

離乳食に利用する場合は、産毛を取り除いたら中の種を取り、みじん切りにしたあと茹でて冷凍保存します。

ペースト状にしたりと、用途に合わせて切り方は変えて下さい。

製氷皿などに入れて冷凍保存しておくと、使う時にもとても便利です。
 
オクラの下ごしらえ!トゲや産毛の処理、茹で方は?

 

 

オクラの保存・干して乾燥させても!

野菜は天日干しなどで 乾燥させることにより、栄養価がアップしますよね。

オクラは乾燥に弱いですが、保存を目的とするのであれば、「干しオクラ」にする手もあります。

 

乾燥させる方法は・・・

1.水洗いして、タテ半分にカットする。
2.ザルなどに並べて、日当たりが良く風通しの良い場所で干す。
3.3~4日干して完成です。

 

密封できる容器に入れれば、常温で約3週間持たせることが可能です。

 

使う時は軽く水洗いをし、5分ほど水で戻してから調理します。

干すことにより香りや歯応えも良くなりますので、様々な料理に利用できます。

 

 

いかがでしたか?

最近では、家庭菜園などでオクラを育てることも人気ですが、一度にたくさん収穫できてしまったら、保存方法も工夫したいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ