楽しく為になる情報をお届けします!

麦茶の効果・効能!ダイエットや妊婦さんとの相性、副作用も!

麦茶 効果 効能

麦茶の効果・効能!ダイエットや妊婦さんとの相性、副作用も!夏の飲み物の定番といえる 麦茶

 

ノンカフェインで、小さな子供から年配者まで広い世代に愛されています。

原料は大麦が使用されており、大麦の種子を煎じたものをお茶として飲んでいます。

 

実は歴史が古く、平安時代くらいから飲まれていたといわれています。

 

しかし、麦茶が 「健康に良い」というイメージはあまり持たれていないようですね。

成分的にも非常に優秀で、健康維持効果や様々な効能を持っているんですよ!

 

今回は、そんな麦茶の効果・効能についてご紹介します。

Sponsored Link

 

麦茶の効果・効能は?ダイエットにも!

ダイエット効果のあるお茶といえば、脂肪を分解するウーロン茶などがイメージされますね。

 

麦茶の場合、 「ピラジン」という血行を促進する成分が含まれています。

体の血行が良くなると、基礎代謝が上がり消費カロリーも増えますので、同様にダイエットに効果的な飲み物といえます。

 

また、麦茶には「GAVA」という成分も含まれていますが、体内の中性脂肪や悪玉コレステロールを抑える作用により、高血圧の予防や改善にも効能を示します。

 

さらに、GAVAには体内の余計な塩分(ナトリウム)を排出し、ダイエットの敵である むくみを解消する働きもあるため、痩せるための成分は非常に優秀といえます。

 

また、昭和60年代の研究結果において、麦茶には抗酸化作用があることがわかっています。

ストレス、飲酒、喫煙などで大量に増えてしまう活性酸素を抑制し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞、ガンなどの予防にも繋がります。

 

その他、 「胃粘膜の保護」「血液サラサラ」「抗炎症作用」「糖尿病の合併症予防」「生活習慣病の改善」など、様々な効能を持つお茶として改めて注目を浴びています。

 

 

麦茶の効果・効能!温かいと変化する?

夏場に冷やして飲むことが多い麦茶ですが、 ホットで飲む人も多いと思います。

温かくすることで体を温める効果が高まるため、冬はホットで飲むのもおすすめです。

 

温かくしても健康維持効果に変化はありませんが、水出しよりも煮出して作る方が、栄養学的にも優秀であることは間違いありません。

 

一度加熱しておけば、食中毒の危険性も少なくなります。

 

さらに、パックよりも「丸粒タイプ」で煮出す方が、それぞれの効能がアップすると考えられ、実践している人も増えているようです。

多少手間はかかりますが、断然美味しいという声も聞かれます。

 

麦茶の効果・効能!妊婦さんに良い?

妊娠中はカフェインの摂取を控えた方が良いため、 ノンカフェインの麦茶は妊婦さんの水分補給に適しています。

 

胃粘膜を保護する効果は、免疫力が低下しやすく疲れやすい妊婦さんにもおすすめです。

 

また、虫歯の原因となるミュータンス菌の繁殖を防いでくれる成分が含まれているため、免疫力の低下により虫歯になりやすい状況を回避することもできます。

妊娠中は、歯周病などにもなりやすいため、ケアを怠らないことも大切です。

 

その他、麦茶は体温を下げる効果があるため、キンキンに冷えたものは避けた方が良さそうです。

夏でも常温か、少し冷えているくらいで飲んで下さいね。
 
玄米茶の効果・効能!ダイエットや健康維持に!
 

 

副作用はあるの?

薬ではありませんので、もちろん 副作用はありません。

ただ、気になる点として、夏に飲むことの多い麦茶は、体の火照りを取り体温を下げる働きがあります。

 

ミネラルも豊富なため、夏の暑い時の熱中症予防などにはとても優れていますが、寒い時期の妊婦さん、お子さんなどは体温を下げることで免疫力の低下に繋がります。

あまり冷やし過ぎたものを飲まないことが大切です。

 

また、大麦が原料となっていますが、小麦アレルギーを持っている人の中には、大麦に対してもアレルギー反応が出る人がいます。

特に、小さなお子さんが初めて飲む時は注意してあげて下さい。

 

もう1点、麦茶は 雑菌が繁殖しやすいので、なるべくその日に沸かしたものはその日のうちに消費するようにして下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ