楽しく為になる情報をお届けします!

大豆イソフラボンの男性へ効果!薄毛や体毛に影響?副作用は?

大豆イソフラボン 効果 男性

大豆イソフラボンの男性へ効果!薄毛や体毛に影響?副作用は?大豆イソフラボンには、女性ホルモンの 「エストロゲン」に似た働きがあるといわれています。

というもの、どちらも分子構造が酷似しているためです。

 

エステロゲンは「美のホルモン」ともいわれており、女性が摂取すると美容にも良いものというイメージがありますよね。

ただし、同じ働きをする大豆イソフラボンを過剰摂取すると、乳ガンなどを発症する危険性もあります。

 

それだけではなく、男性にも優れた効果や副作用があるといわれているのです。

 

そこで、大豆イソフラボンの男性への効果や、副作用を防ぐための1日の摂取量の目安などについて詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

大豆イソフラボンの男性への効果!薄毛に効く?

女性ホルモンというのは女性にしかないものだと思っている人が多いかもしれませんが、
もちろん男性の体中にも存在しています。

 

つまり、それに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取すると、エステロゲンの作用と同様、男性ホルモンの働きを抑えることができます。

 

薄毛の原因は人により様々ありますが、 「男性型脱毛症(AGA)」の場合、髪の生え際からハゲて行くことが多く、これを食い止める効果が大豆イソフラボンにもあるといわれています。

 

ですから、大豆製品などを少し多めに摂取するようになると、ある程度薄毛を解消する効果が
実際に得られているという話をよく耳にします。
 
卯の花とおからの違い!名前の由来や栄養、カロリー!
 

 

大豆イソフラボンの男性への効果!体毛やニキビも減る?

男性ホルモンの働きを抑えられると、 女性らしい体に近付くことになります。

すると、髭や体毛が薄くなるということもわかっています。

 

もともと男性の場合、体毛が濃い人ほど逆に頭部は薄毛になりやすい傾向があるため、男性ホルモンが抑制されると、その逆の効果が得られると考えられています。

 

また、大豆製品を食べることで、美肌に必要なコラーゲンヒアルロン酸などが生成されるようになります。

ニキビや肌荒れは、コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなることも大きく影響しているため、
大豆イソフラボンを摂取することで、ニキビなどの肌トラブルも減って行きます。

 

大豆イソフラボンの副作用は?男性の胸が大きくなる?

ここまでは嬉しい効果を説明してきましたが、体が女性化するということは、 副作用のようなものが現れてしまう原因にもなります。

ですから、過剰摂取だけには注意しなければいけません。

 

中国では、豆乳を飲み過ぎて胸がCカップになったという男性や、台湾では乳ガンを発症したという人もいます。

 

エステロゲンが過剰分泌されると、婦人科系の病気が増えることも証明されていますので、大豆イソフラボンの摂取量にも注意が必要になります。
 
大豆イソフラボンの女性への効果!更年期障害にも!副作用は?
 

 

1日の摂取量の目安は?

大豆イソフラボンの1日の目安摂取量は 70~75mgだといわれています。

 

食品ごとに100g当たりで計算すると・・・

・豆乳:20~25mg
・納豆:72mg
・木綿豆腐:27mg

 

男性でも、女性でも、この量を考慮していただく必要があります。

 

健康を意識して毎日納豆を食べたり、豆乳を飲むようにしている人は、過剰摂取になっていることも考えられるため、少し控えた方が良いでしょう!

 

1日だけ少し多くなったという場合は大きな問題ないと思いますが、毎日の習慣にしている人は、気を付けておくべきですね。

 

そして、適量を守って摂取していれば、男性でも美しい肌をキープすることができそうです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ