楽しく為になる情報をお届けします!

牡丹の花名の由来と花言葉!英語では?芍薬との違いは?

牡丹 花言葉

牡丹の花名の由来と花言葉!英語では?芍薬との違いは? 牡丹といえば一世を風靡したあの昼ドラを思い浮かべますが、実際どういったお花かご存知ですか?

 

花径10~20cmの重厚感あふれる花ですが、綺麗な色と華やかさでなんとも麗しいルックス…。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」ということわざにもある通り、女性の美しい姿を例える花としても知られ、プレゼントとしても喜ばれます。

 

そうなると、メッセージ性を持つ花言葉もぜひ知っておきたいですね。

 

今回は、そんな牡丹の花名の由来や花言葉、芍薬との違いなどをご紹介しますね!

Sponsored Link

 

牡丹の花名の由来とは?

もともとは中国から来た花で、古くは 「木芍薬」と呼ばれていました。

 

日本に渡来した際は、漢語で「牡丹」という花名がありましたが、これを音読みにすると「ボタン」と発音することから、同じ漢字と呼び方がそのまま浸透したようです。

 

ちなみに、一文字ずつ見てみると・・・

・「牡」
雄(オス)を意味する漢字。種ができていく様子を表したとされています。

 

・「丹」
赤という意味の漢字。他にも様々な色がありますが、昔から「牡丹といえば赤」といわれていたことに由来します。

 

中国では、 「花の王」として隋や唐の時代に最も愛された花で、中華人民共和国になってからも「国花」の候補として挙がっていたともいわれています。

 

赤をはじめ、薄いピンクや濃いピンク、白、黄、紫などの色がありますが、いずれも艶やかでその花名に相応しい「凛とした姿」も印象的ですね。

 

 

牡丹の花言葉は?英語では?

牡丹の 花言葉は・・・

・「風格」
・「富貴」
・「恥じらい」
・「人見知り」

などがあります。

 

また、西洋(英語)では・・・

・【bashfulness(恥じらい、はにかみ)】
・【compassion(思いやり)】

などとされています。

 

薄くて大きな花びらがたくさん重なり合う姿や、丸く重厚な見た目にピッタリな「風格」と「富貴」。

「恥じらい」や「人見知り」などは、「気品があり、尚且つ奥ゆかしい」というイメージでしょうか…。

「花王」でありながらも、女性らしい一面を持った花に相応しい花言葉ですね。

 

その他、『誕生花』というものがあるのをご存知でしょうか?

牡丹の日は5月3日で、日本は憲法記念日にあたりますね。

 

 

牡丹と芍薬の違いは?

牡丹とよく比較される花に、 芍薬(シャクヤク)がありますね。

この芍薬も牡丹と同じ「ボタン科ボタン属」にあたるため、見た目が本当に似ています。

 

見分け方のポイントとして、下記のような違いがあります。

【牡丹】
・樹木である
・葉がギザギザしている
・つぼみの状態では先がとがっている
・開花の時期:4月下旬~5月初め(晩春)

 

【芍薬】
・草本である
・葉は丸くツヤツヤしている
・つぼみの状態は丸い
・開花の時期:5月初め~5月下旬(初夏)

 

牡丹は小木になる花、芍薬は草に生える花、というのが大きな違いですね。

 

中国では芍薬は 「花相」とも呼ばれ、「花の宰相」を意味します。

 

また、どちらも漢方に取り入れられていますが、とくに芍薬の根には女性の様々な悩みを解消する成分が含まれ、葛根湯や当帰芍薬散などに利用されているイメージが強いですね。
 
葉牡丹の花名の由来と花言葉!お正月に飾られる理由は?
 

 

牡丹の特徴

・分類:ボタン科ボタン属
・英名:Tree peony
・開花(旬):春
・原産地:中国
・使い方:庭植え、鉢植え、生け花、薬用など。

 

その他、「お萩との違いは?」で、度々話題になる 牡丹餅…。

「赤い餡子」をまぶしたところが牡丹に似ているため、牡丹餅と呼ばれるようになったそうです。

 

花の時期に合わせ、春のお彼岸が「牡丹餅」、秋のお彼岸が「お萩」と呼ばれますが、全く同じお菓子ですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ